コラーゲンと生コラーゲンの違い

コラーゲンが美容成分として注目され始めてからしばらく経ちました。一言でコラーゲンと言っても、動物から作ったコラーゲンやマリンコラーゲン、さらには肌に浸透しやすいように形状加工されたコラーゲンまで様々です。

生コラーゲンは比較的新しいコラーゲンですが、これまでのコラーゲンと何が違うのでしょうか?

生コラーゲンは体内にあるときの構造に近いのが大きな特徴です。分子が長く、絡み合うような形状をしているため、保持できる水分量が通常のコラーゲンよりさらに多く、肌に塗ることで高い保湿力を発揮します。

では、生コラーゲンの前では従来のコラーゲンは意味をなさないのでしょうか?これは大きな間違いです。

生コラーゲンの大きな特徴は、大きく複雑な構造による保湿力だと書きました。つまり通常のコラーゲンより大きいんです。肌に塗ったときは、この大きさのために表層に止まる形になります。

ところがマリンコラーゲンなどの小ささに特徴のあるコラーゲンは、肌の角質層に浸透していきます。生コラーゲンに比べて、より肌の内部に水分を保てるようになるということです。

また、生コラーゲンの多くは熱に弱く、常温でも変質してゼラチンコラーゲンという保湿力が落ちた形状になってしまいます。せっかくの生コラーゲンも、管理できなければ真の力を発揮してくれません。

コラーゲンに生コラーゲン、それぞれのメリットとデメリットをよく理解した上で商品を選べるようになりたいですね。

生コラーゲン.jp人気のコスメ比較はこちら