フェース生コラーゲンの使い方

生コラーゲンの中でも、最もよく知られているのはやはりフェースの生コラーゲンではないでしょうか?

フェースの生コラーゲンは浸透しやすさが何よりの売り。本来生コラーゲンは分子量が大きいため、なかなか肌に浸透することはありません。

しかし、フェースの生コラーゲンは、肌に含まれるリン脂質とよく似たナノカプセルに巻き付けられているため、肌の中に浸透しやすくなっています。

生コラーゲンの保湿力は、そこらへんのコラーゲンとは段違い。初めて使い始めたとき、その違いに大きく驚くでしょう。

そのため、フェースは商品を初めて使う人に、顔の半分だけに塗るように勧めています。左右で比べてよりその差を実感できるからです。

塗り方は適量を手に取ったら、顔の中心から外側へ伸ばすようにします。特許を取得した浸透技術で、肌に馴染ませるうちにサラッとしてくるはずです。浸透が早い部分が気になったら、重ね付けをしましょう。

仕上げに手のひらを押し当てて、顔のお肉を持ち上げ、30秒間キープします。肌を手で包み込むようなイメージです。

個人差もありますが、塗り終わってから10分ほどで、肌の弾力が変わってくるのがわかります。それだけ保湿はスキンケアで重要なことなのです。

生コラーゲン.jp人気のコスメ比較はこちら