マリン生コラーゲン

生コラーゲンは通常のコラーゲンに比べて、保水力が高いという特徴があります。

その秘訣は、長い分子と、3重になったらせん構造。これは人の肌に含まれるコラーゲンと同じだと言われています。

しかし、生コラーゲンの難点は保管の難しさでした。変性する温度が低く、常温でもゼラチンコラーゲンに変わってしまう可能性があります。

本来の生コラーゲンの性質と性能を維持するためには、冷蔵保存が求められていました。

だから、生コラーゲンを配合した商品もほとんど冷蔵管理が求められています。

でも、たまに例外があります。すると、生コラーゲンの情報を集めている人は、「これ、生コラーゲンと言いつつ、配合されてない偽物なんじゃないの?」なんて思うかもしれません。

実は、冷蔵しなくても変質しない便利な生コラーゲンが開発されています。

「マリン生コラーゲン」とも呼ばれていますが、原料に魚のウロコを使用した生コラーゲンを指します。

もともと魚のウロコから作られたコラーゲンは、アレルギー反応などの危険性が少ないとして注目されていました。マリンコラーゲンは分子も小さく、浸透力でも期待できます。

魚のウロコから作られた生コラーゲンは、変性温度が35~37度と人間の体温並みに高く、常温でも生の状態を保てます。

通常生コラーゲンは肌に塗ると体温の影響を受けて、一人的に肌を潤した後、すぐにはがれてしまいますが、変性しないマリン生コラーゲンなら、長時間の保湿力を保てます。

生コラーゲンの管理が面倒くさいという人や、保湿力の高いコスメを探しているという人は、マリン生コラーゲンに注目しましょう。

生コラーゲン.jp人気のコスメ比較はこちら