生コラーゲンと温度

コスメ商品の目玉として注目を集め始めた新成分「生コラーゲン」。コラーゲンは塗って良し、食べて良しの、すでに定番中の定番と言える美容成分ですが、それが「生」というのはどういうことなのでしょうか?

生コラーゲンは、肌に近い構造をしたコラーゲンのことを指します。通常、コラーゲンは細切れの状態で化粧品などに含まれていますが、生コラーゲンの場合、長く連なったコラーゲンが、さらに3重のらせん構造で束ねられている状態になります。

そのため、水分子を絡め取る力が強く、肌と同様、通常のコラーゲンよりも高い保湿力をもっています。肌のうるおいが保たれることで、美肌へと一歩近づけるというわけです。

生というのは、実際の肌に近いという点で、これまでのコラーゲンと区別するために付けられているだけではありません。生コラーゲンの秘密は、温度にあります。

現在生コラーゲンを含む商品のほとんどは、冷蔵管理が求められています。通販で購入するにしても、要冷蔵の宅配サービスが使われているはずです。

というのも、生コラーゲンの大きな特徴である3重のらせん構造は熱に弱く、常温ではせっかくの構造も崩れてしまう危険性があるからです。

通常のコラーゲンは、加熱処理の過程で細切れになってしまいます。もともとこの生コラーゲンは独自製法でこの壊れてしまうコラーゲンを守ることに成功した成果だったのです。生コラーゲンの商品が、細菌などの衛生面で特に注意されて生産されているのも、加熱処理されていないから。

生コラーゲンはデリケートですが、それだけ自然の力を最大限に活かした素材。コラーゲンとの違いも、使用することで実感できるでしょう。

生コラーゲン.jp人気のコスメ比較はこちら