生コラーゲンと特許

生コラーゲンは熱に弱く、常温でそのまま置いておくだけでも変質してしまいます。今では熱に強い魚由来の生コラーゲンが販売されていますが、基本的に生コラーゲンを扱うときは低温保存するべきか毎回確認するべきでしょう。

生コラーゲンは肌に含まれているコラーゲンに近い状態。長い分子が3重のらせん構造でつながっています。しかし、熱で変質すると細かい分子に分断されてしまい、売りにしている高い保湿力という性質も失われてしまいます。

もともと生コラーゲンは保存も難しく、使い方も難しい成分です。分子が非常に大きいため、肌に浸透させることが困難で、おおよそ高い保湿力を生かしたケアしかできませんでした。

それを特許技術で浸透できるようにしたのが、フェースの生コラーゲンでした。フェースの生コラーゲンは同社の製品だけでなく、他社製品でも使われています。

同じ生コラーゲンの特許ではニッピのものもあります。ニッピはコラーゲンの研究開発に力を注いできたメーカーで、その特許も生コラーゲンの抽出に関わる重要なもの。

コラーゲンが世に出回り、今ではコスメには欠かせない美容成分になりました。生コラーゲンも商品数がどんどん増えてきていますが、こういった特許を見ていると、やはり一筋縄ではいかない成分を努力の末に開発したという歴史が見えてきます。

生コラーゲン.jp人気のコスメ比較はこちら