生コラーゲンはシワに効くのか

生コラーゲンに注目している女性というのは、やはり肌のハリが気になるお年頃にさしかかっている人が多いことでしょう。

昔は何もしなくても問題なかった肌には、年齢とともにシワが刻まれていきます。さらにお肉が垂れて、輪郭もゆるんでいきます。そうして、垂れ下がるお肉でシワはさらに目立つようになっていきます。

その垂れたお肉を引き締めるのがコラーゲンです。コラーゲンは言わば肌の材料。そして、そのコラーゲンを束ねるのがエラスチンです。

コラーゲンをうまく補給できれば、ハリを持ったシワの少ない肌になれるのでしょうか?もちろん、その答えはイエスです。

でも、難しいことを考えなくても、生コラーゲンはシワを減少させ、ハリのある美しい肌を作る手助けとなってくれます。

シワと一口に言っても、その原因は様々。たとえば肌を乾燥させるだけでも表面に浅いちりめんジワができます。しっかり保湿していれば、このシワはすぐに解消できます。

むしろすぐに解消しなければいけない初期症状と言えるでしょう。生コラーゲンの高保湿力をもってすれば簡単なことです。

そして、ちりめんジワよりもうちょっと目立つのが表情によってできるシワです。目尻やほうれい線が該当します。

長年顔の筋肉の動きに沿って肌にクセがついてできるものです。ほかの場所より負荷がかかりやすいのである程度は仕方ないのですが、こちらもきちんと保湿して、紫外線などのダメージを避けることでシワを浅い状態に抑えることもできます。

もっとも深刻なのが、真皮層という肌の奥にまでこのクセがついてしまった真皮ジワです。加齢によるコラーゲンやエラスチン量の減少によって、肌が内側からのハリを維持できない状態を指します。

紫外線や乾燥で肌にダメージが蓄積されるのも、乱れた食生活や生活習慣、ストレスで身体の調子が悪いまま過ごすのも、真皮ジワを作る原因になります。目立つ表情ジワの中には、すでに真皮にまでクセが付いて真皮ジワにまで発達しているものもあると考えられます。

いずれにせよ、シワは早めに保湿を心がけ、紫外線や乾燥を避けることが基本中の基本になります。

シワは一に予防、二に予防です。コラーゲンを補給して、内側から肌を補強しなければならない段階では、かなり症状が進行している状態。後手にまわるほど修復が難しくなります。

生コラーゲン.jp人気のコスメ比較はこちら