生コラーゲンは肌に浸透しにくい

生コラーゲンは保湿力に優れた美容成分ですが、長いチェーンが三重のらせん構造になっている分子量の重さが大きなネックになっています。

どういうことかというと、生コラーゲンが直接肌に浸透することはありません。肌に入り込むには大きすぎるのです。

だから生コラーゲンは肌の表面に止まって、肌の水分のバリアを作るのが大きな役割になるんです。

生コラーゲンを少しでも肌に浸透させようと、例えばフェースはナノカプセルに巻き付ける方法を開発しています。

しかし、特に説明もなく生コラーゲンを肌に浸透させるという売り文句が出ていたら疑った方が良いでしょう。

通常、生と言わずコラーゲンも肌になかなか浸透しにくいものです。コラーゲンは熱でらせん構造が解けてゼラチンになり、さらに酵素分解することで細切れのコラーゲンペプチドになります。

肌に浸透させやすくするためには分子量が小さくなくてはいけませんが、コラーゲンペプチドでもまだ大きいぐらいです。

コラーゲンを肌に浸透させるには肌に電流を流して美容成分の水溶液を浸透させるイオン導入ぐらいしかないでしょう。美容液を肌に乗せるぐらいではおそらく浸透は不可能です。

イオン導入を疑問視する声もたくさん見られますが、広島県立大学などでも科学的に研究されている方法で、美容と言わず、例えば歯科麻酔など、医療分野での活用が期待されています。

生コラーゲン.jp人気のコスメ比較はこちら